見出し画像

拝啓、樋口一葉さま。あなたの名前を付けたログハウス「G-LOGなつ」の話

「おでこのきれいな女性(ひと)がいました。」
BESSのログハウス、「G-LOG(ジーログ)なつ」のキャッチコピーは、こんなフレーズから始まります。

商品カタログの扉ページ

今回は、私がBESSの家々の中で一番好きなシリーズである、「G-LOG なつ」について、『どうして建物に人の名前をつけたのか?』という裏話をお届けします。

まずはG-LOGのご紹介から。

日本の「軒下文化」から着想を得た‟超ベランダ空間”

G-LOGは、力強く空に伸びるシャープな「ヤジリ屋根」が特徴のログハウス。そのいち推しポイントは、‟超ベランダ空間”「NIDO(ニド)」

「NIDO」はイタリア語で‟巣”を意味する言葉

この「NIDO」は、かつて日本の家に当たり前にあった「軒下」から着想を得ています。

近所の人が気軽に行き交い、おしゃべりを楽しんだり、ちょっとした作業をしたり…
家の外でも内でもない、そんな中間領域である軒下が持つ暮らしの文化
食事を楽しむ、外の空気を楽しむ…NIDOによって、暮らしの楽しさが何倍にも広がります。

大きな三角屋根と格子に包まれた心地よい空間

「なつ」の由来は樋口一葉

そんなG-LOGには、「なつ」という‟愛称”がついています。
「なつ」は、樋口一葉の実名「奈津」から。
才能にあふれる、未来を切り開いた近代女性のはしりである一葉。
聡明で快活、人を惹きつけるウィットに富んだ人。
BESSが大切にしている日本人の感性や、G-LOGのもつ凛とした佇まい、そこで暮らす住人像のイメージに、一葉のそんな人柄がしっくりきました。

ログハウスのもつある種の「野暮さ」も受け入れながら、ログハウスでしか描けない新たな境地を開拓するんだという思いを、
女性として生まれたきた運命を受け入れ、女性でしか書けない境地に達した一葉になぞらえて「なつ」という愛称をつけました。

BESSが家に‟愛称”をつける理由

BESSでは「どんな家がいいか」の前に、「どんな暮らしがしたい」「どんな生き方がしたい」というイメージを持つことが大事ではないかと考えます。

建物の風貌や、LOGWAYに建つ家の設えから滲み出る住人の息遣い。
『この家は、こんな人に選ばれたくて生まれてきた』
それはいわば「家」を「人」と捉え、それぞれのもつ個性を‟愛称”という形で表現することで、直感的に家と自分との「相性」を感じてほしいという思いから。それが、BESSが商品に‟愛称”をつける理由です。

日本人の感性や、そこから生まれる文化を大切にしたい

G-LOGは、Global(世界)へ向けて、Local(日本)を極める‟Glocal”という考えから名付けました。
「軒下」や、「土間」など、効率重視の現代ではあまり見られなくなってしまった日本の暮らし文化を大切に、日本人の感性が活きる暮らしを提案したい。それを世界にも発信していきたい。
そんな思いがBESSの根っこにはあります。

この広告で「日本雑誌広告賞」もいただきました!

Instagramでは、たくさんのBESSユーザーのG-LOGの暮らし写真が見られます!ぜひ「#gログ」もチェックしてみてくださいね。

【今回の書き手】BESS note編集長 ウエダ
先日、下の娘が2歳を迎え、週末に誕生日のお祝いをしました。
当日まで何の準備もしておらず、半分に割ったスイカにダイレクトにロウソクをぶっ刺しただけの豪快な誕生日ケーキならぬ誕生日ウォーターメロンでお祝いをしました。娘が喜んでくれたので良しとします。
上の子が2歳のときにはあれこれデコレーションしたケーキとプレートを用意したなあ…下の子ってどんどん適当になっていくなあ…と実感する日々です。

この記事が参加している募集

企業のnote

with note pro

このデザインが好き

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!