見出し画像

「不便」や「無駄」はいらないもの?BESSの‟バランシズム”。

世の中、ちょっと便利すぎやしないかな?って思うこと、ありませんか?
たまには、無駄や不便も楽しんでみる。
どちらかに行き過ぎない、その心の余裕が、BESSが大切にする「バランシズム」です。

BESSの自己紹介ツール「WELCOME BOOK」より。

BESSは、家は楽しく暮らすための「道具」だと考えます。
家づくりにおいても、最新設備やIT化といった利便性にこだわりすぎず、住む人が自身の知恵や工夫、感性を広げて暮らしを作っていけることを大切にしています。

日常生活において、便利は捨てられないけれど、不便も楽しんでみる
自分の身体や五感をはたらかせながら、自然体になってみる。
自然にも、人にも心をひらいていく
物質文明は否定しないけれど、無駄や遊びごころといった精神文化に重きをおいて、偏り過ぎることなく、バランスをとろうとすることが大事。
それをBESSでは「バランシズム」と呼んでいます。

BESSの家の中にも、一見「無駄」や「不便」に見えるところにこそ、おおらかに暮らしを楽しめるポイントがあると思っています。

たとえば、大きな吹き抜け。空間効率を考えたら、もったいない?!
だけど、効率一辺倒の家では味気ない。
吹き抜けごしに会話をしたり、ロフトでハンモックに揺られたり…
「いつも家族の気配を感じられます」というBESSユーザーの声も。

ワンダーデバイスの室内には、こんな〝オプションデバイス”も。

天井まで伸びる「ハシゴde本棚」や、ウンテイ&スベリ棒!

薪ストーブもそのひとつ。薪割りで体を動かし、家族で火を囲む。
そこには、暖かさだけではない、豊かな時間が流れています。

この「バランシズム」とBESSの思いを、もっと世の中に発信していきたいと
2021年4月に代官山のLOGWAYを「BESS MAGMA」として、リニューアルオープンしました。

暮らしにとどまらず、今の世の中においては、合理性や効率化は切っても切り離せない大切な要素。
「でも、それだけじゃないのでは?」という思いがBESSの中にはあります。
追い求めすぎることで失われている価値、残念な状態になってしまっていることは本当にたくさんある。
そんな社会のこと、世界のこと、未来のことを考えながら作りました。
MAGMAという場所を、ひとりひとりの豊かな感性が”噴火する”場に、「暮らしを文化する」場にしていきたいと思っています。

「BESS MAGMAって、いったいどんな場所?」ということについては、また別の記事でご紹介しますので、お楽しみに。

【今回の書き手】BESS note編集長 ウエダ
感性の飛び火」で縄文土器ではお湯を沸かすのに1時間かかっていた、という話を聞いて、「なんて気の遠くなる…」と思ったものですが、それだって、自分たちは電気ケトルという文明の利器で、ものの1分でお湯が沸くことを知っているからなんだよな…とハッとしました。(とはいえ子育て中のわが身には、文明の利器は必要不可欠でもありますが…)
上手くバランスとりながら、心の余裕、もっていたいものです。


この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

13,012件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!